慶應は真剣に学問教育に取り組みなおさないといけないのではないか!目黒中崎塾/目黒慶應研究会

皆様いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。
今日も沢山の生徒たちと学ぶことができましたこと心より感謝申し上げます。

ここのところ本当に慶應生の犯罪が続いているなーという印象を受けます。
塾員としてはもちろん、慶應生たちと机を共にしている身として本当に残念でたまりません。

初等部からSFCについての記事の中で、幼稚舎から塾高までの流れについてかなり辛辣なことを以前書かせていただきました。

慶應湘南藤沢中学への進学について思うこと by 目黒慶應研究会(目黒教室・市が尾教室)その2
https://ameblo.jp/meguken-keio/entry-12382035216.html

危惧していたことが現実化してきたなーという印象を受けます。
今年に入ってニュースになっただけでも4件、なんとか国外でとどめた案件もありましたよね。。。OBとして恥ずかしいの極みです。

※入塾ご希望の方は必ずお読みください。私の受験日記です。
☆私の受験を括った日記となっております。(クリックしていただければPDFファイルが開きます。)

※ユーチューブも配信中です。是非視聴登録をお願いいたします!お役立ち動画を次々に配信します!

そもそも「内部生」というのは、いわゆる「外部生」のための規範となるべき存在であるべきです。私自身、水球部に入って中等部出身で医学部にいかれた先輩を初めてみたときに、慶應ってなんてカッコいい人がいるんだろう、と心底感じましたし、そういう先輩になれるように自分も頑張ろうと思って部活にまい進しました。

遊ぶにしても慶應生としての遊び方があって、その遊び方を「外部生」に教えるのは「内部生」の役割で、どこまでがいっていい線で、どこからがやばい線なのか、というのは規範たる「内部生」がしっかりと伝え、その線からでないように、にらみを利かせなくてはいけないンだと思います。

今の慶應を見ていますと、まこと「中途半端」で、遊ばせもしない学ばせもしない、という飼い殺しの状態が、ここ10年ほど続いているように思います。なので、「内部生」が遊びでも学問でも規範としての役割を果たすことができず、学校全体が舐められてしまっているわけではないでしょうか。

時代もあります。遊ばせることがかなわないのであれば、学問教育をもう一度徹底し、全員が学問の分野で外部生の規範となることができる実力をつけて大学に進学するということを目指さなくてはいけません。

私自身もそう考え、外からではありますが、慶應生たちの学問教育に日々邁進しています。
これから慶應を受ける生徒達にも慶應を引っ張っていってほしいというメッセージを込めて、受験勉強に向かっております。

明日より2日間、塾高では日吉祭があります。
生徒たちはもちろん、先生方も引き締めて対応をしてください。
現役の塾高生が何か起こさないかと狙われているのは自明なのですから。。。

慶應は真剣に学問教育に取り組みなおさないといけないのではないか!

以上です。
お読みいただきましたこと心より感謝申し上げます。

中崎一樹

優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki