大学時代の恩師・島田晴雄先生「トランプ発貿易戦争の中身と行方 Vol.1&2」

いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。
本日も沢山の生徒たちと学ぶことができましたこと心より感謝申し上げます。

韓国最高裁は10月30日、第2次大戦中の日本で強制労働させられたとする元徴用工の訴えを認め、日韓の戦後補償問題で初めて日本企業に対する賠償命令が確定しました。国交正常化の根拠となる1965年の日韓請求権協定を根底から揺さぶる判断といえますので、日本政府は猛反発しています。(西日本新聞記事より https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00010011-nishinpc-int&p=3)

こんな時、日韓経済協力会議の故・瀬戸雄三会長だったら何ておっしゃるんだろうなーと思ってしまいました。瀬戸さんは慶應大学の先輩で、アサヒビール社に私が入社したときの会長だったのですが、たまに会長室に呼んでくださって日韓・日中問題を含め、様々なことをお話しくださいました。お話しいただいたことをもとに当時担当させて頂いていたM&A案件についてのデータを拾い調査書を作成して部長さんにお見せしていましたね。そういうことが許されていたのは私が島田晴雄先生のゼミ員だったからということが大きいです。

※島田晴雄ゼミ時代に参加させて頂いた沖縄県のボランティアに関する稲嶺沖縄県知事との面談記事はこちらです。

☆大学時代の私の活動を琉球新報の記事に掲載頂きました。No1

☆大学時代の私の活動を琉球新報の記事に掲載頂きました。No2

韓国の最高裁の判決は法的な根拠を欠く違法不当な判決だと思います。国際裁判所で改めて審議いただく必要がありますよね。一方で、瀬戸相談役を含め、日韓の結束に向け、慶應の先輩たちが一生懸命に積み重ねてこられた有形無形の財産が消えてしまわないように、慶應としては出来る限り学問的な交流は続けて行ってほしいなーと思います。

一方で、トランプが各国に仕掛けている貿易戦争のせいで今後の世界経済の先行きに黄色信号がともっているように感じられます。株や為替の動きも荒くなってきてるなーという印象です。貿易戦争による経済の縮小は各国の政治問題を拡大させ、さらに経済活動を萎縮・縮小させていくという負のスパイラルにつながってゆく恐れがあります。

どうしたらいいのか?

私の大学時代のゼミの恩師である島田晴雄先生も皆様に向けてユーチューブで情報を発信しています。元内閣府匿名顧問など重要なポストを歴任されてきたエコノミストで、日本が誇る経済学者のお一人です。もちろん、普通部・塾高のご出身です。

このままいけば、じっと耐えなくてはいけない期間が来る可能性も高いですが、そんな時でも学問は常にそばにいてくれます!

以上です。
お読みいただきましたこと心より感謝申し上げます。

中崎一樹

優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki