30~50代男性の皆様!風疹の予防接種をしましょう!目黒中崎塾

いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。
今日も沢山の生徒と学べておりますこと心より感謝申し上げます。

本日は、

「特に男性の皆様へのお願い!~風疹の予防接種をしましょう!」

をお伝えさせてください!

私も予防接種をしました。

※毎日新聞記事参考
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20181115/med/00m/010/001000c

☆接種する必要があるのは誰?

風疹予防が大切な理由は、妊娠20週ごろまでの女性が風疹ウイルスに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが、心臓病や難聴、白内障などの「先天性風疹症候群」という病気を発症する恐れがあるからです。

☆妊娠中の女性は接種を受けられません!

なぜなら、風疹ワクチンは病原性を弱めたウイルスを使う生ワクチンなので、妊娠中の女性は接種を受けられないんです。妊娠の可能性がある女性はまず抗体検査を受け、抗体が足りない場合は感染しないよう、家族や職場の同僚に予防接種を受けてもらう必要があります。また、妊娠を希望する人は、妊娠前に2回の予防接種を受け、接種後2カ月間は避妊する必要があるそうです。
つまり、妊娠中や妊娠可能性がある女性はワクチンの接種が大変なんです。

☆風疹の流行拡大が続く中、男性も無関心ではいられません!

今年、風疹の流行拡大は収束する気配が見られないそうです。11月4日までに報告された今年の累計患者数は1884人と、昨年1年間の20倍に上っているとのことです。
常に一緒にいる旦那さんこそがウィルスの防波堤にならなくてはいけません! また、これから妊娠するであろう女性が職場にいる皆様もやはり防波堤にならなくてはいけません!

☆現在20代後半から40歳(=子供をつくるメイン世代)の皆様! 風疹の免疫を持っていない可能性が高いそうですよ!!「参考図書 妊娠出産ホンマの話 萩田和秀(医師) P40~」

なんと!風疹ワクチン注射ですが、諸事情により極めて接種率が低い世代が存在します! 具体的には1979年4月2日より1990年4月1日に生まれた男女だそうです。先にもお伝えした通り、妊娠中に風疹に罹った場合、風疹ウィルスが胎児にも感染し、「先天性風疹症候群」を胎児にもたらします。具体的には「目が見えない」「耳が聞こえない」「心臓に奇形が出る」です。 お嫁さんだけが風疹の注射を打てはいい、というわけではないのです。しかも、女性は色々とワクチン接種の制約があって大変です。

☆ 30~50代男性の皆様!風疹の予防接種をしましょう!

どこで、いつ、いくらで等疑問が出てきますよね!
こちらの記事(最後のほう)が参考になりますので是非ご確認ください!

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20181115/med/00m/010/001000c

以上です。
お読みいただきましたこと心より感謝申し上げます。

中崎一樹

優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki