普通部合格者のお母様の受験回顧録その3~目黒中崎塾/目黒慶應研究会

皆様いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。

いよいよ大学受験生も最後の授業となり、中学生たちはテストシーズン真っ只中!
出会いや別れが入り乱れるこの3月、生徒一人一人に感謝です。

さて、今回も

普通部の合格者

のお母様に回顧録を書いていただきましたので、こちらを数回に分けてお届けいたします!

<目次>

1.志望校を決めるにあたり(リンクしています)

2.準備していたこと(リンクしています)

3.受験するにあたり ~その1~

4.入学させて思うこと

今回は「3.受験するにあたり ~その1~」をお届けします!

********************

【受験するにあたり】
普通部受験はペーパーテストの他に運動や面接があり、親としては色々と気を配ることの多い受験となります。願書も他校と比べ、記入するところが多く気を使います。当日は子供の服装に気を使い、お弁当まで作らなくてはなりません。言い方を変えれば、とても面倒くさい受験ですね。でも、この面倒くささが重要なことなのではないかと思うのです。手間を惜しまない親御さんが選んでくる学校…ということです。この面倒くささがなければ、もっとたくさんの方が受験をされるかもしれません。つまり、親も熱意と気合が必要となります。

願書についてです。これはどんな書き方が正解なのか、私にはよくわかりません。ただ、普通部に入学させて思ったことは、とても多才なお子さんが多いということです。これは塾高に入った今、更に強く感じております。慶應という学校は、勉強以外の頑張りもしっかりと評価してくれる学校なのではないでしょうか。

昔の中学受験は小学5年生になったら、他の習い事はやめて塾一本に絞らなければならない…という風潮がありました。しかし昨今では塾の方でも「一生懸命やっていることは続けて下さい。」と言ってくれるようになってきました。実際にサッカーチームに所属しながら開成、ピアノを続けながら筑駒といったお子さんがいらっしゃいました。やりたい事を続けているからこそ勉強も頑張れる、そういうお子さんは時間の使い方もうまいのではないでしょうか。スポーツ・芸術・語学など、お子さんが頑張って続けてきた事、自信のある事、そして将来への想いは遠慮なく願書に書いて欲しいと思います。それは必ずプラスの評価を得るでしょう。

********************

次回は、「3.受験するにあたり ~その2~」をお届けいたします!

以上です。

お読みいただき心より感謝申し上げます。

中崎一樹

優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki