2019年/東京大学・英語・第4問A01/東大英語に近道なし!/中崎塾・中崎一樹

いつもお支え頂き心より感謝申し上げます。
本日も生徒たちと机に向かうことが出来ておりますこと心より感謝申し上げます。

※2019年/東京大学・英語/4(A)-(22)解説

塾には大学受験をする生徒も来てくれているので、センター試験や東大の過去問を一緒に分析しています。

私自身は高校から慶應に入っていますので、大学受験はしていないのですが、東大の英語を解いていて思うのは、

ほんと~に私自身の勉強の方向性に適合した問題だな~

ということです。

※中崎式英語 ~English in Japanese~の記事はこちら!
https://ameblo.jp/meguken-keio/entry-12388231534.html

私は、中学のころから1文に、長い時で1時間とか2時間とかかけて、何一つ疑問が残らな状態で次の文章に進む。というスタイルで勉強をしていました。ですので、中学1年生の時にまずぶち当たったのは、だれもが知っている、そして、どの教科書にも初めに必ずのっている

Thank you.

という1文でした。

もちろん

ありがとう。

と訳しましょうね。と先生は教えてくれるんだけれども、なぜこれが、「ありがとう。」になるのか、全くわからない、納得できない。帰国の友達に聞いてもわからない、大人に聞いても「覚えればいいんだよ。」というお決まりのフレーズ。そう、確かに覚えちゃえばいいんですが、覚えるにしても謎が解けないまま覚えるのがどうしてもいや、な性格だったようです。

そこで、自分で辞書を引いて、訳を充ててみる。するとなるほど、「感謝する」「あなた」という訳が出てくる。ほーそうか、「あなた、感謝する」からなんとなく、「あなたに感謝する」という文章が出てきて、だから「ありがとう」になるのか、といったんはわかったつもりになる。で、じゃあ寝ようかな、ということで一度布団につく。そうすると、布団の中で、いやちょっと待てよ、「あなたに」の「に」はどこから出てくるのか、気になって気になって仕方がない、そうすると眠れないんですね。で、もう一度辞書を引いてみると、なるほど、よ~く見てみると「~に感謝する」と書いてある。おーこれか、ということになるわけです。デフと辞書をみてみると訳の前に「他」と書いてある。なんだこの「他」というマークは、気になって仕方がない、そこで、教科書を読んでみるんですが、中々該当箇所がみつからない、、

こまったなー、、、。

ここで、明大中野中学1年D組だった私は、担任の

大渡正士先生(現在の校長先生)

に聞きに行くわけです。で、それまでの事情を説明して、「この「他」というマークがわからないんです。」というと、「辞書の最初に説明があるよ。」と教えてくれるわけですね。で、「おーそうか!」ということで、「他動詞」という文字に行きつくわけです。でも、辞書のはじめの説明だけではわからないので、国語辞典や百科事典で「他動詞」という文字を引きますね。でも、書いてある説明は中学1年生で全部理解するのは難しい。そこで、自分なりに解釈して「を」がある動詞かどうかで、自動詞と他動詞を区別しよう!と行き着くわけです。そうすると、また別の疑問が出てくるんですよ。

なんで、この文章はいきなり動詞から始めったの?

そうやって、中学1年生の時に

「Thank you.」の謎

を解明するのに1か月近くかけてしまいました。

でも、山があったら登るように、水があったら泳ぐように、

疑問があったら調べる

というのが楽しいと思うんです。

で、東大の問題はこの「疑問があったら調べる」という学習を中学1年生からコツコツやっている生徒が解きやすく作ってあると思います。塾から与えられた教材を丸暗記している生徒は解きにくいように思います。

思います、、、。ってなってしまうのは私自身が東大を受験していないので、言い切れない部分があるんですが、少なくとも慶應高校を帰国じゃなくて受験するのであれば、1文に1~2時間かけても自分の力で辞書と文法書を片手に疑問をつぶしてゆく、という学習が有効だと思います。そういう学習をしていけば、帰国生にも書面審査では勝てます!

※2019年/東京大学・英語/4(A)-(22)解説

是非一緒に、

1文に1時間でも2時間でも書ける学問的英語学習

をしてゆきましょう!めっちゃ楽しいよ!

以上です。

お読みいただき心より感謝申し上げます。

中崎一樹

優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki