先生方からのご相談お受けいたします! by暴力教師かもしれないとある塾経営者

日々お支え頂き心より感謝申し上げます。
今日も沢山の生徒たちと学べておりますこと心より感謝申し上げます。

■西日本新聞社ニュースより
新任の学校教諭が1年もたたずに依願退職するケースが増えている。文部科学省の調査によると、全国で2018年度に採用された公立小中高校、特別支援学校の教諭のうち431人が1年以内に依願退職。前年度比73人増となり、1999年度以降で最多だった。理由は自己都合が299人で最も多く、病気を理由とした111人のうち104人が精神疾患を挙げた。

悩まれている先生がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください!
精神的な悩みはフィジカルを鍛えれば概ね解決するはずです!プライベートレッスンもたまわっております!

連絡先:snowwhite_fabulist@yahoo.co.jp

突然ですが、もしかしたら私は、

暴力教師

かもしれません。

昨年度のことですが、専門学校で30名程度を相手に教鞭をとっていた際、椅子をならべて寝っころがった生徒がおりました。

私は、胸ぐらをつかんで立たせてそのまま教室の外まで引きずっていき、外にぶん投げました。
自分よりも大きな10代の男の子でしたが、普段私は極めて「優しい先生」なので、当該生徒を含めて生徒たち全員がびっくりしてました。

読者の皆様はどう思われますか。

このようなご時世ですから、私の行動はかなりリスキーなものです。
その日に「クビ」と言われても、まあ仕方がないかもしれません。

でも、私は教育者ですから、怒るときは命がけで怒らなくてはいけないと思っています。
1対30ですから怒る方だって命がけなわけです。
それでも、その生徒の将来を考えた時に、絶対に許してはいけない行為は、体を張って教えるべきです。フィジカルコンタクトでしか伝わらない愛情、というものも場合によってはあると思います。私は「クビ」を覚悟で、上述の行為におよびました。

もちろん、適正な範囲、というものがあるのは言うまでもありません。
例えば、殴る蹴るは論外でしょう。

当然、有形力を行使する場合、生徒から反撃にあう可能性もあるわけです。
だから、教育者というのは、フィジカルを鍛えなくてはいけないと思っています。

最低限首根っこを押さえてねじ伏せられるくらいのスキルは必要なんだと感じます。
女性ならば、自分のみを守れるくらいの護身スキルは必要だと思います。
教職につくならば、警察官と同程度の護身術・逮捕術を習得しておくべきなんだろうなと思います。

結局、

暴力か、

と言われるかもしれません。

でも、どうでしょう。

核や軍を保有してないアメリカのいうことを聞こうと思いますでしょうか。

一方でどうでしょう。

トランプのような幼稚で稚拙な人間に核や軍を保有させたらどうなりましたでしょうか。

“健全な精神は健全な肉体にこそ宿る”

2020年、教育者にとっては

覚悟

の問われる年になるかもしれません。

一緒に頑張ってゆきましょう!

追伸:悩まれている先生がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください!
精神的な悩みはフィジカルを鍛えれば概ね解決するはずです!プライベートレッスンもたまわっております!

連絡先:snowwhite_fabulist@yahoo.co.jp

以上です。

お読みいただきありがとうございました。

中崎一樹

優良家庭教師紹介所HP
https://nakazaki-juku.com/
目黒中崎塾HP
http://meguro-nakazaki.com/
目黒慶應研究会HP
http://meguro-keio.com/
市が尾慶應研究会HP
https://sites.google.com/view/ichigao
目黒中崎塾家庭教師グループHP
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾・幼児/児童教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾生涯教育サポートセンター
https://sites.google.com/view/meguken
目黒中崎塾blog
http://ameblo.jp/meguken-goukaku
目黒慶應研究会blog
http://ameblo.jp/meguken-keio
twitter
http://twitter.com/nakazakikazuki